美容コスメ

アルビオンの成分が危険と言われる理由は?ビニール肌との関係や実際の効果も!

アルビオンの成分が危険と言われる理由は?ビニール肌との関係や実際の効果も!

アルビオン(albion)は歴史の長いスキンケアブランドで、先行乳液やスキコンなどのロングセラーとなっている商品がいくつもあります。

素肌を整えるスキンケア用品として定評があり、年齢問わずに使用できるのも魅力の1つです。

人気があるため使ってみたいとアルビオンを調べていると「危険」という文字をみかけることがあり不安になりますよね。

そこで今回は、アルビオンを使い続けることで肌に悪い影響はないのか、またどんな効果を期待できるのかについてまとめました。

ここでは

  • アルビオンの成分が危険と言われる理由は?
  • ビニール肌との関係はあるの?
  • アルビオンの実際の効果は?

について紹介します。

アルビオンの成分が危険と言われる理由は?

成分 危険

まずはじめに、アルビオンのスキンケア用品には危険な成分は入っていません

アルビオンについて調べていると成分が「危険」という文字が見られますが、特に危険な成分が入っているわけではないため安心して使用できます。

ただし、スキンケア用品全般にいえることですが化粧品等は自分の肌に合う合わないがあります。

敏感肌であったり、使用する時の体調や季節によって同じスキンケアをしていても肌トラブルが発生することもあります。

そのためアルビオンが肌に合わなかったことで肌トラブルが起こったという口コミも実際に見られています。

アルビオンの中で特に人気のあるスキコンは薬用スキンコンディショナーエッセンシャルNでも肌トラブルが起こったという口コミがあります。

スキコンの成分一覧がこちらです。

グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グルタチオン、ハマメリスエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキス、天然ビタミンE、油溶性ヨクイニンエキス、l-メントール、カラギーナン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、エチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

スキコンは成分にエタノールが入っているため、敏感肌には刺激が強くスキントラブルを引き起こしてしまう可能性があるようです。

エタノールが悪い成分というわけはなく、スッとした清涼感を感じられたり、スキコンを使用することでニキビなどの肌荒れが改善したという良い口コミも見られています。

こちらは、アルビオンを使用してニキビが落ち着くという内容の口コミです。

アルビオンのスキコンは敏感肌用となっていますが、自分の肌に合うかどうかをサンプルなどで確認してから使うと良さそうですね。

 




 

アルビオンはビニール肌との関係はあるの?

コットン

アルビオンを検索しているとビニール肌になるという口コミをみかけます。

ビニール肌とは肌表面にある角質層が薄くなっている状態のことをいいます。

肌にキメがなくツルツルしているのが特徴で、調子の良い状態ではありません。

なぜアルビオンを使用することでビニール肌になってしまうのか理由として考えられることは、コットンを使用して擦りすぎてしまうことです。

アルビオンは「透明感のあるしなやかな肌」をコンセプトとしていて、化粧水前に使用する先行乳液をコットンで使うことを推奨しています。

使用する乳液の量が少なかったり、コットンで必要以上にこすることは、摩擦により肌表面の角質を落としてしまうことに繋がります。

コットンを使用する際は、化粧水や乳液などは適量に出して優しく擦りすぎないようにしてくださいね。

 




 

アルビオンの実際の効果は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALBION アルビオン(@albion_jp)がシェアした投稿

実際にアルビオンを使用するとどのような効果があるのか口コミをもとにまとめました。

  • 肌のキメが細かくなる
  • 毛穴が引き締まる
  • ニキビが改善した
  • 肌がふっくらした

実際の口コミをみてみましょう。

こちらは、スキコンを使ったら気持ちいいい、肌のキメが細かくなり白くなった気がするという内容です。

こちらは、スキコンを使用して1ヶ月でニキビの炎症が収まり、肌が綺麗になったという口コミです。

こちらは、先行乳液を使って角質が柔らかくなり、翌朝までふっくらしたという内容です。

スキコンはエタノール配合のためスッキリとして清涼感を感じられます。

肌の引き締め効果もあり、毛穴の開きの改善やキメが整うと感じている人が多い印象です。

また炎症を抑える成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているスキコンは、ニキビの改善や日焼けなどの炎症を抑えてくれる効果があります。

アルビオンの先行乳液は「水分を抱え込む」力があり、たっぷりとコットンに出して使用することを推奨していることで、翌朝までふっくらした肌を保つことができるようですね。

 




 

アルビオンの成分が危険と言われる理由やビニール肌との関係性と効果のまとめ

アルビオンの成分が危険と言われる理由やビニール肌との関係性と効果についてまとめました。

アルビオンには危険な成分は入っていませんが、肌質によってエタノールなどの成分が合わないこともあるため少量で確認してからの使用をおすすめします。

ビニール肌の予防としてコットンを使用するときは適切な使用量で優しく肌に触れるように注意しましょう。

アルビオンの効果を実感している人は多いため、試してみる価値はありそうです。